映画・ドラマ

5つ星レビュー『ジャングル ~ギンズバーグ19日間の軌跡~』あらすじと感想

実話を基にした映画

映画「ジャングル~ギンズバーグ19日間の軌跡~」のあらすじとか感想です。

この記事の内容
  • あらすじ
  • 見どころ
  • 感想

興味のある所からどうぞ。

しんえんちゃん
しんえんちゃん
目次をクリックすれば、そこから読めるよ!

ジャングル~ギンズバーグ19日間の軌跡~のあらすじ

「普通の人生はまっぴらごめんだぜ!!!」的にバックパッカーになったヨッシー(ラドクリフ)。
世界の様々な場所を旅して、特別な体験を探し求めていた。

旅の途中でヨッシーはスイス人教師のマーカスとその親友のケヴィンに出会い、意気投合する。
ケヴィンはバックパッカーの間ではちょっとした有名人で写真家だった。

ヨッシーはその途中で、カールという男と知り合い、ジャングルの奥にいる先住民族を見に行かないかと誘われる。
友人を連れてカールの説明を聞くヨッシー。

地図や詳しい話を織り交ぜながら話すカールだったが、興奮するヨッシーを尻目にマーカスとケヴィンは怪しいと反対する。
しかし、ケヴィンは先住民族の写真を取れば話題性があると言われて参加を決め、結局3人で参加する事に。

順調に進んでいたかと思ったジャングルの旅は、マーカスの足のケガをきっかけに険悪なムードへ。
ついにはマーカスとカール、ヨッシーとケヴィンの2組に分裂してしまう。

ヨッシーとケヴィンは川下りルートでの移動を目指すが、その途中ヨッシーは急流に飲まれてはぐれてしまう事に。
ジャングルの中で一人ぼっちになったヨッシーの運命は…。

作品情報

大ヒット映画『ハリーポッター』シリーズで有名なダニエル・ラドクリフがかなり体をはって挑んだ意欲作。

個人的には、実際にあった話を映画化しているので、その作者の事も結構気になる所。

しんえんちゃん
しんえんちゃん
ラドクリフさんマジで体張っててビックリした。

キャスト

役 名 俳 優
ヨッシー・ギンズバーグ ダニエル・ラドクリフ
カール トーマス・クレッチマン
ケヴィン アレックス・ラッセル
マーカス ジョエル・ジャクソン
しんえんちゃん
しんえんちゃん
ハリーポッター見たことないけど、スイス・アーミー・マンっていう映画見てから、ラドクリフさんホント好き。笑

スタッフと基本情報

監督 グレッグ・マクリーン
原作 ヨッシー・ギンズバーグ 『Jungle』
脚本 ジャスティン・モンジョー
製作国 オーストラリア / コロンビア
公開年 2017年11月9日(オーストラリア)
上映時間 115分

 

作品の見どころ

この作品の見どころはココ!

  • 主人公にはモデルがいる
  • ラドクリフさんの、気迫の演技がすごい
  • 人間のちっぽけさを見せつけられるシーンの数々

主人公にはモデルがいる(驚

実際にヨッシーと同じハードな体験をしたのが、原作を書いたヨッシー・ギンズバーグさん。
ジャングルでの遭難生活は、とてもじゃないけど耐えられない環境で、本当によく生きて帰られたな…と思うばかり。

ヨッシーギンズバーグさん本人写真↑救助された時のヨッシーさん(本人)

 

ヨッシーさん本人は、このサバイバル体験で約16キロもやせてしまったそう。

しんえんちゃん
しんえんちゃん
19日間でこの体重減はヤバいね。

 

ダニエル・ラドクリフの気迫の演技がすごい

ラドクリフさんは、この撮影のために1か月前から白身魚とプロテインバーの減量をしたことが話題に。
ダニエルラドクリフ激やせ体重の減量もそうですが、体を張ったシーンが沢山です。
底なし沼みたいな泥沼に埋もれてみたり、急流で岩につかまってみたり。

人恋しさから幻覚症状を起こすシーンの表情が迫真ですごかった。

しんえんちゃん
しんえんちゃん
俳優のすごさを感じたよ。

 

人間のちっぽけさをこれでもかと見せつけられるシーンの数々

ふだん文明の恩恵をMAXに受けて暮らす私たちは、人間が生物の頂点だと勘違いしやすいですが、そうじゃない事を見せつけられるシーンが沢山あります。

おでこから体内に侵入したヒルを引きずり出したり、足ぐずぐずに化膿して、激痛に耐えながらマーカスに詫びるシーンだったり。
もう、不安や恐怖で情緒不安定とかそういうのを逸脱した感じになってるのが、人間の弱さをはっきり示されている感じです。

人恋しい中で、リアルに遭遇した女の人に喜びすぎて、どこまでも紳士にふるまおうとする様が逆に怖かったです。

しんえんちゃん
しんえんちゃん
でも、同じ状況になったら、ほとんどこうなる気はする。

結局、人は文明で装飾しないと、地球上でどこまでも弱く退化した生き物なんだろうなぁと感じました。

感想とおすすめ度:★3.5

「俺は普通の人生なんてまっぴらごめんだぜ!!」のヨッシーが瀕死になりながら、本当に貴重な体験をする今作ですが、私の評価はこんな感じ。

映画ジャングル感想とおすすめ度

終盤で明かされる衝撃の事実が全然関係ない感じで、サバイバル映画化と思いきや急にホラー。
ひたすら恐怖な終わり方。

しんえんちゃん
しんえんちゃん
続報気になるけど、40年くらい前のはなしだから、もう永遠に分からなさそうなのが怖い。

シナリオ:★★★

実際の体験を基にした映画なので、リアリティは申し分なし。
ただただジャングル遭難の恐怖がすごかった。

しんえんちゃん
しんえんちゃん
絶対ジャングルには行かないと決めた(行く予定はない)

意外性:★★★★

終盤で、いきなり衝撃の事実がテロップ表示されるんですが「えぇ…」っとなる事間違いなしです。
結局何だったのか理由が分からないのにちょっとモヤモヤするけど、現実なのですべてが解決するわけではないよね、という事で納得。

しんえんちゃん
しんえんちゃん
目的が分からないけどなんか怖い事に巻き込まれてたんじゃないか…みたいのを感じてスッゴイ怖い。

映像:★★★

急流に流されるシーンは迫力がありました。

しんえんちゃん
しんえんちゃん
関係ないけど、ジャングルって怖いよね。初めてプレデター見た時からずっと思ってる。

演出:★★★

可もなく不可もなく。
ヨッシーがマーカスの幻覚見るシーンはちょっと怖かった。

とりあえず、おでこに食い込んだヒルをえぐりだすシーンで「痛ったぁ…」ってなったから、人によって割と見れないシーンかもしれない。

演技:★★★★

何度も言うけど、ラドクリフさんの激やせ具合がすさまじい。

私が勝手に思っている事なんだけど、目の演技とかその場の雰囲気を画面越しに伝える事が出来る俳優さんてすごいと思う。